句帖を拾ふ(2020/06)

句帖を拾ふ(2020/06)

          2020/06/01

          十河 智

snake

 

玄関に蛇長長と松の枝

a long snake on a long branch of a pine tree ;

at the entrance hall

 

snake

 

金色の太っちょ蛇の冷湿感
a thick golden snake ;
a wet chilly feeling of its

skin

 

蜥蜴

lizard

 

家猫に玩ばれて蜥蜴の死

lizard is toyed with by my house cat ;

it is killed

 

蜥蜴

lizard

 

きりりつと蜥小柄の飛ぶごとく

sharply like a small nife flying ;

lizard runs away

 

レモン水

 lemonade

 

レモン水広がる海に水平線

lemonade ;

an ocean stretchs toward the horizon

 

レモン水

lemon squash

 

ふつふつぱつと飽きず見てゐるレモンスカッシュ

the bublles of lemon squash simmering and rising ;

never boring me

 

《ネット句会に投句》

コロナ禍の今年祭は全中止
いつもなら今頃祭り囃子かな
御旅所?と幼子のまた聞き返す
家家に祭り提灯寄付の札
我が町の祭も既に五十年

 

《ネット句会に投句》

パン買ひに府県境越え風薫る
緑なす生駒の風や十哩
ブラインドコード外の青葉と同じ揺れ
日を享けてカイヅカイブキの若葉かな
信号は赤トラクターは代掻き中

 

外来種黃花群れ咲く夏野あり

a.kind of exotic plant ;

many yellow flowers blooming together on a summer field

 

久しぶりにドライブした。野原に黄色の花の少し大きめのものが群生していた。きれいと思ったので、ネットで調べてみた。オオキンケイギクという特定外来生物に指定されているもので、栽培も禁止され、国土交通省や都府県は駆除しているものだった。

 

10

《ネット句会に投句》

全力疾走あの入道雲ゴール

山滴るところより石の雫

万緑や木曽路にひよいと芝生かな

 

11

[俳句大学 席題一句]

2020年06月第一週(06/05~06/07)

「あぢさひ」

あぢさひの寺山門へ着くまでも

紫陽花や重たき花を活ける位置★4(千秋特選)

紫陽花は地味目の覚めるピンクでも

 

12

[俳句大学 席題一句]

2020年06月第ニ週(06/12~06/14)

「かたつむり」

雨後の庭袖濡らす葉のかたつむり

かたつむり角出せと子ら突きゐる

祖母の家のいちじくの木やかたつむり

 

13

コロナ禍に屈する店や梅雨寒し

a chill in the rainy season ;

COVID-19 submits an eating establishment to close down

 

大阪の河豚のづぼらやがコロナ禍閉店と聞いた。

 

14

6月第3週

〜席題で一句合評句会〜

蛍狩(ほたるがり)  「夏-生活」の季語

夏雲システムによる、合評句会です。

 

昔土曜半ドンの頃蛍狩

ここはどこというほど奥へ蛍見に

もやもやと蛍見の人蠢けり

坪庭に迷ひ込みたる蛍狩

蛍狩帰りの手元ぼおつぼおつと

 

15

蝙蝠

 bat

 

蝙蝠や感染非道にはあらず

bats ;

not atrocious except to be a source of infection

 

16

蝙蝠

 bat

 

ウイルスも生滅流転蚊食鳥

a bat feeds on mosquitoes to live;

a virus moves among living things to live

 

17

strawberry

 

一個百円食べる度言ふ苺かな

a hundred yen a strawberry ;

the words each time to eat 

 

18

strawberry

 

今様の苺大粒ブランドで

current strawberries are sold as the branded products ;

sweeter and larger ones

 

19

花火

firework 

 

秘密裏にオール日本花火かな

secretly prepared ;

launching fireworks up at the same time in all parts of Japan

 

20

花火

firework 

 

大花火厄除祈願本意なり

firework display with big balls ;

the original point is for driving out evil spirits

 

21

プール
pool


コロナ禍や学校プール満たされず
coronavirus pandemic ;
no water fill the school pool

 

22

プール
pool


プールにてロサンゼルスの友の家
in the pool ;
the house of my friend in Los Angeles

 

23

砂日傘
beach parasol

 

砂日傘距離を保つといふによく
beach parasols ;
good items to keep social distances

 

24

砂日傘
beach parasol

 

汀より走れ母待つ砂日傘
run from the seashore to the beach parasol ;
your mother is waiting

 

25

夕立
evening shower

 

夕立や自粛解除の人走る
evening shower ;
people released from self-restraint rushes in town 

 

26

夕立
evening shower

 

府の境金剛山や夕立ちぬ
the Kogo Mountains, the boundary between prefectures ;
evening shower

 

26

欠けにけり桔梗一輪挿し入れぬ 

I chipped a ceramic cup ;

I arranges a Japanese bellflower in it 

 

主人の作品の湯呑、ひびが気になっていたが、洗っているときに欠けてしまった。庭に咲いた桔梗を差し入れてみたら、様になった。しばらくはこうして使おうと思う。

 

27

木苺

raspberry 

 

木苺やホームメイドのケーキ来る

raspberry ;

a home-made cake sent to me

 

28

木苺

raspberry 

 

ラズベリー赤毛のアンの篭いつぱい

a basketful of raspberry ;

red-haired Anne is picking

 

29

パセリ

parsley

 

青臭さ苦味パセリを頬張れば

parsley stuffed into mouth ;

green and bitter tastes

 

30

パセリ

parsley

 

プランターのパセリ生き生き並ぶ道

parsley ;

vividly as an ornamental plant on the street

 

31

サンドレス

sundress

サンドレスささあと縫うて人台に

quickly sewing a sundress ;

immediately dressing on a dummy

 

32

サンドレス

sundress

 

サンドレスヘップバーンもモンローも

sundresses ;

my images of Audrey Hepburn & Marilyn Monroe

 

33

[俳句大学 席題一句]by 野島正則

席題2020年06月第四週(06/27~06/

28)

さくらんぼ」

 

桜桃のあどけなさ見せ出始めぬ

種と柄が皿に乱れてさくらん

一段の美味しさアップさくらん